2010年03月10日

<臓器提供施設>小児専門の28施設を追加へ 厚労省研究班(毎日新聞)

 改正臓器移植法の7月全面施行に伴い可能となる小児からの臓器提供で、厚生労働省の研究班(貫井英明・山梨大名誉教授)は8日、臓器提供施設に小児医療専門の28施設を追加する案を、厚労省の臓器移植委員会に報告した。厚労省は6月ごろにまとめる同法の運用指針で決定する方針。

 現在、脳死で臓器提供できる施設は、大学病院や救命救急センターなど全国474施設。研究班は提供施設を新たに検討し、「小児の高度救命医療に対応できる体制を整えていると考えられる」などの理由から、高度な小児医療を専門とする日本小児総合医療施設協議会所属の28施設の追加を妥当とした。

 この協議会には、国立成育医療センター(東京)▽大阪府立母子保健総合医療センター(大阪)▽あいち小児保健医療総合センター(愛知)▽静岡県立こども病院(静岡)▽福岡市立こども病院感染症センター(福岡)--などが所属している。【河内敏康】

【関連ニュース】
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
心臓移植:改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ
八王子医療センター:生存率、過大に説明 複数の患者らに
八王子医療センター:「不適切治療」公表せず
腎移植:「誤診で摘出」提供者が岡山・備前市を提訴

憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)
児童相談所は役立たず 子供虐待「強制立入」わずか2件(J-CASTニュース)
両陛下、ラオス大統領と会見(時事通信)
大阪府議会決議後も府立高で国旗「常時掲揚」はゼロ(産経新聞)
上野駅に「撮り鉄」警報、2列車12日に引退(読売新聞)
posted by ニシムラ ヤスオ at 17:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。