2010年03月25日

生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は19日午前の記者会見で、民主党の生方幸夫副幹事長が小沢一郎幹事長を批判して解任されることについて、「かねがねあそこの党の運営は極めて強権的、独裁的だと思っていたので、その現れなのかなという印象だ」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意-開業間もない茨城空港(時事通信)
「体外式補助人工心臓装置」など早期導入が妥当―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
福島消費者相、原子力委員人事に署名=社民対応は今後議論(時事通信)
日韓、教科書記述に溝…第2期歴史研究(読売新聞)
「早く農地に戻していただきたい」輿石氏自宅敷地めぐり赤松農水相(産経新聞)
posted by ニシムラ ヤスオ at 10:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。